MENU
  1. キヅクモカメラTOP
  2. キヅクモブログ
  3. 防犯カメラとスマホの連動方法を紹介!スマホ連動するメリットと活用方法
活用方法

防犯カメラとスマホの連動方法を紹介!スマホ連動するメリットと活用方法

防犯カメラとスマホを連動することで、どんなメリットがあるのでしょうか。本記事では防犯カメラとスマホ連動の仕組みについて紹介した後にメリットと活用方法について紹介します。ご自身で参考にできそうな点などあれば是非参考にしてください。

目次

防犯カメラのスマホ連動とは

スマホ連動

防犯カメラとスマホを連動しておくことで、日頃利用しているアプリを使う感覚で、現場の防犯や監視をすることが可能です。防犯カメラの映像をスマホで確認できる仕組みを把握し、実際に自身で活用できそうなシーンをイメージしてみましょう。

スマホで防犯カメラの映像が確認できる仕組み

現在はインターネットを活用し録画データなどを手元のスマホやPCで確認できる時代になっています。YouTubeなどの映像サービスを見れるのと同じ仕組みです。したがって、遠隔地から現場の映像を確認するにはインターネットに繋がる環境が必須です。かつては遠隔監視をするために「P2P」や「DDNS」、「IPアドレス固定」、「UPnP」など、専門的で複雑な知識を理解しておく必要がありました。しかし、本記事では初心者の方にとっても分かりやすく、なるべく簡単に防犯カメラとスマホの連動方法についてご紹介します。本記事を最後まで読むことで防犯カメラとスマホの連動方法はもちろんのこと、防犯カメラとスマホを連動するメリットやデメリット、活用シーンがイメージできるようになります。

防犯カメラとスマホの連動方法

スマホ連動

以下の流れで防犯カメラとスマホを連動することができます。

①防犯カメラがインターネットに繋がるカメラか確認
②お使いのスマホやPCなどの通信機器にアプリをインストール
③管理画面にログイン

ITや通信に苦手な意識がある人でも簡単に防犯カメラとスマホを連動することができます。それぞれ順を追って解説します。

ネットワークカメラかどうか確認する

まずは利用予定の防犯カメラがネットワークカメラか確認しましょう。録画データの転送方法を確認すれば、すぐにネットワークカメラか確認できます。ご自身でネットワークカメラかの確認が出来ない場合は防犯カメラの販売元に問い合わせてみましょう。

アプリインストール

次にお使いの通信機器にアプリをインストールしましょう。アプリのインストールはLINEやInstagramなどをスマホで利用するときと同様の手順でおこなうことができます。インストールするアプリの名前は皆さんがこれから利用する防犯カメラの販売元によって異なりますので、不明な場合は店員さんや営業担当の方に尋ねてみましょう。中にはアプリを提供していない企業もありますが、Google ChromeやSafariなどのインターネットにアクセスできるアプリを使って管理画面などからカメラの録画データを確認できることが多いです。

IDとパスワードの入力

そして管理画面にログインすれば防犯カメラとスマホを連動させることができます。防犯カメラとスマホが連動すれば、今までいちいち現場で確認していた録画データをスマホから簡単に確認することができます。またリアルタイムでも現場の確認ができるようになります。

防犯カメラとスマホ連動のメリットと活用シーン

防犯カメラ

防犯カメラとスマホを連動することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的にイメージがしにくいという方のために3つの活用シーンと共に防犯カメラとスマホ連動のメリットをお伝えします。

常に状況把握でき、安心感につながる

遠方から現地確認ができるため、どこにいても現場の状況把握が可能です。突発的なトラブルや、ふと気になったタイミングで現場の確認をするのは従来の防犯カメラでは難しく、ネットワークカメラとスマホを連動することによりリアルタイムで現場の確認をすることができるので利用者の安心感を高めてくれます。

コストやスペースの削減、時間の有効活用につながる

防犯カメラで撮影した録画データをスマホで確認することができれば、録画データを確認するためのモニターは必須ではなくなります。つまり、モニターを購入する費用を削減できたり、設置場所のスペースを確保する必要もありません。また普段、現場を巡回する人にとっては、わざわざ全ての現場へ行く必要もないので時間やコストの有効活用にも繋がります。

問題発生時(事件・事故・災害など)の状況把握や対応スピードが上がる

現場で事件や事故、災害などの問題が発生した場合、原因を特定するために該当する時間の録画映像を確認すると思います。防犯カメラとスマホを連動していないと、現場へ向かって録画データの確認をするまでに非常に時間がかかってしまいます。しかし、防犯カメラとスマホを連動しておくことで現場へ向かわなくとも録画データを確認することができるので管理者の対応スピードを上げることができます。さらにネットワークカメラの中には通知機能を持っているサービスもあるので問題発生時の発見スピードを早めることができます。

防犯カメラをスマホ連動するために必要な物

通信環境

ここまで防犯カメラとスマホ連動の仕組みと、その連動方法や活用シーンなどをご紹介してきました。防犯カメラとスマホを連動する仕組みや、そのメリットが漠然としていた方も、これでイメージが具体的になったと思います。ここからは実際に防犯カメラとスマホを連動するにあたって必要な物をお伝えします。いざという時に防犯カメラとスマホを連動することができなかったという事がないように事前に準備しましょう。

通信環境

防犯カメラとスマホを連動するために、まず必要になる物が通信環境です。ネットワークへの接続手段がないと防犯カメラとスマホを連動させることができません。現在、防犯カメラを設置したい場所に通信環境がない場合はWi-Fiなどを設置する対策が必要です。

通信機器

通信環境を確保できたら、録画データを確認するデバイスを用意しましょう。スマホやPC、タブレットなどインターネットに接続できるデバイスであれば問題ないです。

防犯カメラとスマホの連動が簡単な「キヅクモがおすすめ」

kizukumo.comassetsimgcommonog-2かつては防犯カメラとスマホを連動させるためには専門的な知識や経験が必要でした。しかしネットワークカメラの「キヅクモ」なら専用のアプリにログインすれば簡単に防犯カメラとスマホを連動させることができます。また、場所を問わず複数拠点の管理ができたり、AI カメラを活用し人流を分析したり、カメラが記録した映像を各種デバイスにリアルタイムで通知してくれます。簡単に使えるだけでなく月額の費用も、とても安いんです。ネットワークカメラのメリットを存分に活かし、安心して現場のトラブル対応や管理を進めましょう。

キヅクモの導入をご検討いただくお客様は、
お気軽にご相談ください。

記事をシェア

  • X
  • facebook
  • Linkedin
  • line
キヅクモブログ部
本記事は防犯設備士が監修しています。防犯設備士とは、建物に設置する防犯設備機器の取り付けや運用管理に関する専門知識と技能を有する専門家です

CONTACTお問い合わせ

キヅクモの導入をご検討いただくお客様・企業様の問い合わせはこちらから。
ご不明点や疑問などもお気軽にご相談ください。