MENU
  1. キヅクモカメラTOP
  2. キヅクモブログ
  3. 防犯カメラの新常識!録画映像をリアルタイムで確認するメリットと活用方法
機能・性能

防犯カメラの新常識!録画映像をリアルタイムで確認するメリットと活用方法

本記事では

「防犯カメラの録画映像をリアルタイムで確認したい」
「どうやってリアルタイムで映像を確認できる防犯カメラを活用するの?」

そんな悩みや疑問を抱えた方へ向けて「防犯カメラの録画映像をリアルタイムで確認するメリットと活用方法」についてご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

目次

リアルタイムで防犯カメラ映像を見るメリット

リアルタイムで防犯カメラ映像を見るメリット.jpg防犯カメラの映像をリアルタイムでどこからでも確認できることを知っていますか?人件費の削減、素早いトラブル対応、そしてどこからでも現地の映像を確認できる安心感。このような利点は、監視や防犯における効率を次のレベルへと引き上げることができます。この機会に、防犯カメラのメリットを最大限に理解し、業務の効率化と安全性を高めましょう。

人件費を削減できる

防犯カメラの導入は、人件費の大幅な削減に役立ちます。監視業務において、常に人を配置して映像を確認する必要はなくなりました。たとえば、街中でも見かけるようになった無人店舗、その他にも建設現場や工場、介護施設などでは、ネットワークカメラを利用することで人件費の削減をしようという試みがおこなわれています。これは、防犯カメラ映像がリアルタイムに見れることにより、遠隔地からでも状況把握が可能となったからです。人件費の削減を検討されている場合は、ネットワークカメラシステムの導入を検討しましょう。

参考:無人店舗で防犯カメラは活用すべき?防犯カメラの必要性とおすすめの機能

遠隔監視ができる

リアルタイム映像による遠隔監視は、緊急時の対応や業務の効率を高めます。例を挙げると、防犯カメラ映像をリアルタイムで監視することで、トラブルに対して素早い対応ができるようになったり、店舗巡回などの移動時間の短縮やコスト削減につながります。遠隔地にいながらお手元のスマホで映像を確認できるため、外出先からでも気軽に現地の状況を確認できます。せっかく防犯カメラを導入するなら、遠隔監視が可能な防犯カメラの設置をお勧めします。

定期的な確認ができる

防犯カメラ映像をリアルタイムで確認することにより、定期的な確認が容易になります。たとえば、店舗の管理者がリアルタイム映像を利用して、毎日定刻時に問題なく店舗がオープンしているか、トラブルなどは発生していないかなどが確認できます。これにより、スムーズな状況把握ができるため、安心して業務に専念できるようになります。

リアルタイムで防犯カメラの映像を見る注意点

リアルタイムで防犯カメラの映像を見る注意点.jpgリアルタイムで防犯カメラ映像を見ることにはさまざまな利点がありますが、それには適切な通信環境やセキュリティ対策が必要です。録画映像の保管に関するプライバシーの理解も必要不可欠です。これらの要素を怠ると、個人情報流出のリスクにさらされる可能性があります。安心して防犯カメラを活用できるように以下の項目に注意しましょう。

通信環境が必要

防犯カメラ映像をリアルタイムで確認するには、安定した通信環境が不可欠です。ネットワークカメラを利用する際には、十分な帯域幅と高速なインターネット接続が望ましいので、可能であればモバイルルーターやホームルーターなどのモバイル回線よりも光回線を用意できるほうが良いでしょう。防犯カメラ映像を確実にリアルタイムで視聴するためには、安定した通信環境を用意しましょう。

セキュリティが大事

リアルタイムで防犯カメラの映像を見る際は、映像データのセキュリティが極めて重要です。防犯カメラは、監視対象の安全を守るために設置されますが、ネットワークカメラの通信がサイバー攻撃の対象になり得るため、適切なセキュリティ対策が求められます。たとえば、強力なパスワードの設定や、定期的なソフトウェア更新などが挙げられます。映像データを守るためにも、セキュリティ対策を徹底しましょう。

映像の保存期間と保存方法、プライバシーに配慮する

防犯カメラ映像の保存期間と保存方法は、プライバシーの保護を考慮して慎重に決めましょう。録画映像は証拠としての価値がありますが、保存期間は個人情報保護法などの法律によって制限されることが多くあります。また、保存もデータ漏洩を防ぐためにセキュリティ対策をした状態でおこなう必要があります。プライバシーに配慮した方法で防犯カメラの映像を保存しましょう。

参考:個人情報保護法と防犯カメラで撮影した画像の関係性・注意点をご紹介!

リアルタイムで映像を見れる防犯カメラの活用方法

リアルタイムで映像を見れる防犯カメラの活用方法.jpg複数の拠点を持つ管理者にとって、リアルタイム映像を確認できる防犯カメラは、効率化とコスト削減の重要な要素です。省人化や無人化が進む現代において、リアルタイム監視ができるカメラは各地の店舗を一元管理するための強力なツールとなります。複数の管理者が運用可能な防犯カメラシステムを導入すれば、事業の安全性と効率性を向上させられるでしょう。リアルタイムで映像を見れる防犯カメラの活用方法について3つに絞ってご紹介します。

複数拠点管理

リアルタイム映像を確認できる防犯カメラは、複数の場所を同時に管理する際に非常に効率的です。たとえば、異なる地域に複数の店舗を持つ企業は、オフィスの監視モニターから各店舗のライブカメラ映像を確認でき、トラブルなどが発生した際の即時対応が可能になります。これにより、一つ一つの場所に個別に人員を配置する必要がなくなり、人件費などのコスト削減に貢献します。複数拠点の効率的な管理を目指す場合は、リアルタイムで映像を確認できる防犯カメラの導入を検討しましょう。

店舗の省人化・無人化

防犯カメラは、店舗の省人化や無人化に大きく貢献することができます。たとえば、無人運営が可能なコンビニエンスストアや販売店では、防犯カメラ映像を通じて顧客の動向を追跡し、盗難防止やマーケティング活動に貢献します。ネットワークカメラを活用することで、人件費を削減し、24時間運営も現実的になります。省人化や無人化を進める際は、ネットワークカメラを活用しましょう。

複数の管理者で運用できる

ネットワークカメラは、複数の管理者で共有して運用することが可能です。たとえば、店舗の責任者や管理者がそれぞれのスマホやパソコンから防犯カメラ映像にアクセスし、リアルタイムで監視や対応をおこなうことができます。そして責任者や管理者ごとに権限を付与することができるため、こうした体制は責任の所在を明確にし、セキュリティのレベルを高めることができます。複数の担当者で管理するのか、特定の担当者で管理するのかを定めたうえで防犯カメラを活用しましょう。

まとめ

防犯カメラのリアルタイムの映像確認は、人件費の削減と素早いセキュリティ対応を実現します。遠隔地でもリアルタイムで映像が確認できる防犯カメラサービスを活用し、業務改善を実現している企業も増えてきているため、今後はこういった利用方法が防犯カメラ活用の新常識として定着していくのではないでしょうか。ただし、防犯カメラのリアルタイムの映像確認は、適切な通信環境の確保とセキュリティ対策が必要です。これらの要素を理解し、活用することで、業務上のコスト削減とセキュリティ強化の両方を実現しましょう。

「キヅクモ」の通知機能でリアルタイムで気づきを

手軽に、便利に、欲しかった「じぶんで気づく」監視カメラ、それが私たちのネットワークカメラサービス「キヅクモ」です。忙しいあなたの代わりに、人や車、さらには動物の動きまでをAIが分析し、重要な瞬間を自動的にクリップ。スマートフォンやパソコンに直接通知されるので、大切な「気づき」を逃しません。高性能な防犯カメラを月額1,320円から利用できます。そして独自の暗号化技術でセキュリティも万全です。小売店から医療施設、オフィスまで、あらゆるシーンでお客様のニーズに応じた柔軟なプランをご提供します。安全と効率化を手軽に実現しましょう。少しでも気になった方はぜひお気軽にお問い合わせください。

キヅクモの導入をご検討いただくお客様は、
お気軽にご相談ください。

記事をシェア

  • X
  • facebook
  • Linkedin
  • line
キヅクモブログ部
本記事は防犯設備士が監修しています。防犯設備士とは、建物に設置する防犯設備機器の取り付けや運用管理に関する専門知識と技能を有する専門家です

CONTACTお問い合わせ

キヅクモの導入をご検討いただくお客様・企業様の問い合わせはこちらから。
ご不明点や疑問などもお気軽にご相談ください。