MENU
  1. キヅクモカメラTOP
  2. キヅクモブログ
  3. 防犯カメラと監視カメラの違いとそれぞれの特徴を解説
機能・性能

防犯カメラと監視カメラの違いとそれぞれの特徴を解説

防犯カメラを導入しようか検討しているときに防犯カメラと監視カメラの違いについて気になる人は少なくありません。自身に最適なカメラを選ぶことは、セキュリティ対策において重要です。本記事では、それぞれのカメラの利用目的や設置場所の違い、それぞれが持つイメージについて詳しく解説します。防犯カメラと監視カメラ、両者にどのような違いがあるのか。そしてどちらが自身の求めているカメラなのかを判断する材料となれば幸いです。

目次

防犯カメラと監視カメラの違い

防犯カメラと監視カメラの違い.jpg

両者の違いは「カメラを利用する目的」

防犯カメラと監視カメラには、実は大きな差はありません。しかし、その利用目的において違いがあります。防犯カメラは主に犯罪の防止や抑止を目的としています。特に店舗やオフィスなどに設置されることが多いです。これに対して監視カメラは、事故や事件が起きた際に、該当する時刻の証拠映像を振り返ることを目的として活用されます。監視カメラは公園や駅などの公共の場の監視を目的として設置されることが多いです。

防犯カメラ・監視カメラの特徴

防犯カメラ・監視カメラの特徴.jpg防犯カメラと監視カメラ、製品として同じことが多く、その利用目的から区別されることが分かったところで、それぞれの定義と設置場所をもう少し具体的に確認していきましょう。この章を読むことで今後のカメラ選びにおいて、両者の違いについて迷うことが減り、情報収集も今までよりも効率的に進めることができるでしょう。

防犯カメラとは

防犯カメラは、犯罪の予防や安全管理などを目的として設置されるカメラのことです。

防犯カメラの設置場所

防犯カメラの設置場所を選ぶ際は、防犯したい内容を明確にすることが重要です。防犯したい内容を決める際は外部犯と内部犯の犯行に注意しましょう。外部犯への対策としては、一般的に入口や窓、敷地の境界など、不審者が侵入しそうな場所に目立つように設置するのがおすすめです。また、カメラの視界には障害物がないこと、そして照明条件が良好であることも重要です。例えば、店舗の場合、レジ周辺や陳列された商品を撮影できる場所に設置すると良いでしょう。適切な場所に防犯カメラを設置することで、犯罪の抑止効果を高めましょう。内部犯への対策としては、バックヤードやロッカーなど人目につきにくく、貴重品などを保管している場所への設置がおすすめです。事前に設置場所を明確にしておき、後から新たに設置する必要が出ないように準備しておきましょう。

防犯カメラにおすすめの機種

防犯におすすめな機種としてはボックス型やバレット型が挙げられます。撮影している方向が明確に分かりやすく、威圧感もあることから一般的に防犯対策として活用されています。

弊社取扱機器については、こちらを参照ください。

監視カメラとは

監視カメラは怪しい人物の行動監視や川や海、山などの自然災害や道路の交通状況などの監視を目的として設置されるカメラのことです。

監視カメラの設置場所

監視カメラの設置場所を決定する際は、防犯カメラとは違いなるべく目立たない場所に設置するのが良いでしょう。怪しい人物の行動監視であれば尚更、監視カメラの存在に気づかれないように、ドーム型の監視カメラを設置するのも良いでしょう。待合室などの長時間人が滞在するような場所でも有効です。

監視カメラにおすすめの機種

監視におすすめな機種としてはドーム型が挙げられます。ボックス型やバレット型と違い撮影している方向が分かりにくく、長時間滞在するような場所でも威圧感を感じにくい仕様となっています。

弊社取扱機器についてはこちらを参照ください。

防犯カメラと監視カメラのイメージの差

これまで防犯カメラと監視カメラそれぞれの定義や設置場所について解説してきました。両者は製品単位ではなく、利用目的で区別されることが一般的です。本章では防犯カメラと監視カメラが持つそれぞれのイメージについてご紹介します。お客様や従業員への配慮をする際の参考にしてみてください。

防犯カメラ

防犯カメラのイメージ.jpg・ネガティブな印象は受けない
・犯罪が起きないための対策を目的としている
・バレット型などの威圧感があるカメラがおすすめ

監視カメラ

監視カメラのイメージ.jpg・監視されているというネガティブな印象
・犯罪が起きたときの証拠を捉えることを目的としている
・ドーム型などの目立ちにくいカメラがおすすめ

まとめ

この記事では、防犯カメラと監視カメラの違いと設置場所やそれぞれの特徴について説明してきました。防犯カメラと監視カメラの間に明確な違いはないものの、防犯カメラは犯罪防止や抑止を目的とし、監視カメラは公共の安全や施設の監視に焦点を置いている傾向があります。防犯や監視を目的としてカメラを導入することを検討している場合は、自身の目的を明確にすることが大切です。

バレット型もドーム型も取り揃えている「キヅクモ」

バレット型もドーム型も取り揃えている「キヅクモ」.png防犯に適したバレット型も、監視に適したドーム型も取り揃えている「キヅクモ」ならお客様のニーズに合わせて最適なカメラが利用できます。「キヅクモ」ではお手元のスマートフォンやパソコンでどこからでも複数の場所の映像を閲覧することができます。また、AI画像分析を利用し、人や車、動物を識別して特定のシーンを短い動画として保存することで、重要な部分だけを効率的に監視できます。さらに、設定したルールに基づいて撮影された動画を通知する機能により、映像を常時確認する必要がなく、必要な状況だけを即座に把握できます。お気軽に資料のご請求、またはお問い合わせください。

キヅクモの導入をご検討いただくお客様は、
お気軽にご相談ください。

記事をシェア

  • X
  • facebook
  • Linkedin
  • line
キヅクモブログ部
本記事は防犯設備士が監修しています。防犯設備士とは、建物に設置する防犯設備機器の取り付けや運用管理に関する専門知識と技能を有する専門家です

CONTACTお問い合わせ

キヅクモの導入をご検討いただくお客様・企業様の問い合わせはこちらから。
ご不明点や疑問などもお気軽にご相談ください。