MENU
  1. キヅクモカメラTOP
  2. キヅクモブログ
  3. 防犯カメラを設置する際の電源の取り方とよくある質問
機能・性能

防犯カメラを設置する際の電源の取り方とよくある質問

本記事では防犯カメラを設置するときに気になる「電源を確保する方法」についてご紹介します。電源の取り方について事前に確認しておかないと、後から工事が発生する可能性があり、費用と時間がかかってしまいます。実際に電源をとるときにスムーズに作業をおこなえるように準備しておきましょう。

目次

防犯カメラの電源の取り方

防犯カメラの電源の取り方は大きく分けると2種類あります。

1つ目はコンセントから給電する方法です。
2つ目はPoE給電と言ってLANケーブルから給電する方法です。

それぞれのメリットとデメリットをお伝えしますので、自身にあった方法を試してみてください。

①コンセントから給電

コンセント
まず一般的な給電方法としてコンセントからの給電が挙げられます。コンセントから防犯カメラまでの距離が届かない場合は工事が必要になります。工事は施工業者がお客様の要望のヒアリングから施工の実施までを担当してくれますので気軽に問い合わせてみましょう。

②PoE給電

PoE給電
次にPoE給電についてご紹介します。PoE給電とはPower over Ethernetの略称でLANケーブルから給電をします。LANケーブルの施工や造成材の固定は電気工事士の資格がない一般の方でも可能です。スイッチングハブから防犯カメラまでLANケーブルが届かない場合は、長いLANケーブルを購入して自分で繋ぐか、業者に依頼して天井裏から給電する方法を試しましょう。しかし、自分で配線する方法だと、ケーブルを切られてしまったりすると防犯カメラが作動しなくなってしまうので、業者に依頼して天井裏に隠すなどして給電することがおすすめです。

電源不要の防犯カメラの種類

実は防犯カメラには電源不要のタイプもあります。

1つ目はバッテリー式
2つ目がソーラー充電式
3つ目が乾電池式です。

コンセントが不要のため、電源の位置に関わらず設置するのが簡単です。しかしバッテリー切れのリスクや常時録画をすることができないというデメリットがあります。それぞれ詳しく確認しましょう。

①バッテリー式

バッテリー
バッテリー式のメリットは何と言っても気軽に利用ができる点です。他のソーラー充電式や乾電池式と比べて晴れの日を確認したり、電池を買いに行く必要がありません。しかし定期的に充電が無くなっていないかを確認したり、充電が必要になる点はデメリットと言えます。

②ソーラー充電式

ソーラー充電
ソーラー充電式は太陽光で充電するので電気代が節約できる点がメリットです。また、充電が面倒に感じる人に特におすすめです。デメリットは太陽が出ているときしか充電できないので充電タイミングが限られてしまうことです。しばらく充電できない期間が続いてしまうと電池切れになり、防犯カメラが作動しなくなってしまいます。一時的に電池切れになってしまっても問題がないか事前に検討したうえでご利用ください。

③乾電池式

バッテリー
乾電池式のメリットはバッテリー式やソーラー式と違い充電を必要としない点です。電池さえあれば防犯カメラが必要なときに即座に利用できるので電池を買い溜めしておくと安心です。デメリットとしては電池を購入する費用がかかってしまうことと、電池の残量を気にしないといけないことなどが挙げられます。

よくある質問

よくある質問
ここからは実際にネットワークカメラサービス「キヅクモ」を提供する中でお客様から電源に関わるお問い合わせがあった内容について詳しく答えていきます。実際にネットワークカメラの導入を検討する企業担当者様の質問を読んで参考にできる部分があればぜひ参考にしてください。

防犯カメラのコンセントを抜かれないようにするには?

屋外に防犯カメラがある場合は建物の中から電源を取るのが理想的です。他にはビス止めするだけで設置できるコンセントカバーを活用してみてはいかがでしょうか。コンセントカバーを活用すれば面倒な工事などする必要もないので、防犯カメラのコンセントが抜かれないように対策することができます。

電源工事で壁に穴を開けたくないときはどうすればいい?

壁に穴を開けたくない場合は、マグネットタイプやクランプタイプ、クリップタイプ、ダクトレールタイプなどの設置方法をお試しください。防犯対策はしたいけど工事が面倒、壁に穴を開けたくないと悩まれる方は非常に多いです。工事不要の設置方法として最もシンプルな、置き型の防犯カメラでも問題ありません。しかし置き型の防犯カメラは、防犯カメラ自体の盗難リスクがあるのがデメリットです。それぞれのメリットとデメリットを理解して活用してみるのはいかがでしょうか。

配線を隠す良い方法はありますか?

一番理想的な方法は施工業者に依頼することです。なぜなら外に出てしまっている配線は簡単にハサミなどで切られてしまい防犯対策にならなくなってしまったり、配線をたどれば、どこに防犯カメラとコンセントがあるかが分かってしまうからです。モールなどできれいに隠すことはできますが、前述したようなリスクがあるため、施工業者に依頼しましょう。

まとめ

電源の取り方の一連の流れや種類と特徴はイメージできましたか?おさらいすると防犯カメラの電源の取り方にはコンセントからの給電とPoE給電の2種類があります。もし電源が不要なタイプの防犯カメラを探している場合は、バッテリー式、ソーラー充電式、乾電池式などを参考にしてみてください。しかし、それらはバッテリー切れのリスクや常時録画されないなどのデメリットもあるので注意してください。もしも給電するタイプの防犯カメラを導入したいけど電源の確保で工事が発生してしまってどうすればいいか迷っている方がいれば、ぜひ「キヅクモ」を検討してみてください。キヅクモは工事不要の設置方法もあり、お客様の予算やニーズに対して柔軟に対応が可能です。

高コスパネットワークカメラ「キヅクモ」

キヅクモ
もし給電するタイプで防犯カメラを設置したいが、どうすればいいのか分からない場合は気軽にお問合せください。担当者がお客様のご要望をお伺いしてピッタリなご提案をさせていただきます。「工事が必要なのか分からない」「設置工事をどのようにおこなえばいいか分からない」「設置工事をどこに依頼すればいいか分からない」といったご相談でも構いません。見積は無料でお出しできますので、少しでも気になった方はぜひご相談お待ちしております。

キヅクモの導入をご検討いただくお客様は、
お気軽にご相談ください。

記事をシェア

  • X
  • facebook
  • Linkedin
  • line
キヅクモブログ部
本記事は防犯設備士が監修しています。防犯設備士とは、建物に設置する防犯設備機器の取り付けや運用管理に関する専門知識と技能を有する専門家です

CONTACTお問い合わせ

キヅクモの導入をご検討いただくお客様・企業様の問い合わせはこちらから。
ご不明点や疑問などもお気軽にご相談ください。